亀
title
title
lign
title
葬儀等に関わる最新情報はもちろん、その他いろいろな情報を発信して行きます。
葬儀屋のホームページのようで葬儀屋のホームページらしくない カメソウ・ドットコムを
これからどうぞ、よろしくお願い致します。

社名

本社   041-0808 函館市桔梗3丁目25番12号
     TEL0138-47-1132 FAX0138-47-2217
七飯支店 TEL0138-65-1954  FAX0138-65-1904
e-Mail kameda.sougi@nifty.com
HP   http://www.kamesou.com




当社では、1998年より施行実績(海洋散骨)に加え、様々なセレモニーに
対応できる「NEW 海洋セレモニー 舟艇」をご用意致しました。
「従来の海洋散骨のほか、海洋セレモニー・海洋追悼式・海洋偲ぶ会・
海洋法要などさまざまな弔い(とむらい)に対応できます」
人数も85名様まで乗船可能です。

詳しくは、こちらのページをご覧下さい。


 
 春の全国交通安全運動がスタートしている中、4月6日に行われました
 総決起大会・出動式にて、函館中央地区安全運転管理者協会
 常任理事
として、決意表明をさせて頂きました。
 
 決意表明文はこちらからご覧下さい。
 また、その時の様子はこちらから写真にてご覧ください。



弊社、海洋散骨課を1997年に設置して、はや15年となり、この間 400件以上の施行を賜り、
自由な葬送(とむらい)のお手伝いをさせていただきました。

今後も家族関係やお墓に対する、人々の意識がおおきく変化することでしょう。

上記以外の写真は、こちらからご覧ください。



 弊社では、常日頃どんな災害時にも地域企業として対応し行くために
 下記制度に積極的に取り組み、多くの方へ安心をお届できるよう
 努力しております。

 ●北海道地域防災マスター制度
   http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/bsb/masterlist.htm

 ●北海道企業等防災サポーターバンク制度
   
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/bsb/supporter

 ※それぞれの項目に対しまして、項目下にありますアドレス先でご確認
   して下さい。


 この度、弊社では北海道企業等防災サポートバンクへ登録を致しました。
 地域を含め、多くの皆様の災害時のお役に立てる企業としてこれからも
 努力して参ります。

 ◆登録企業あて通知文
 ◆弊社 登録証

 詳しい内容については、下記アドレスよりご覧下さい。
 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/bsb/supporter02.htm

 
 このたび 財団法人 全国防犯協会連合会発行の安全ガイドブック 第5号に
 防犯活動事例として全国の中で3事例のひとつとして掲載されました。
 
 詳しい記事内容は、こちらからご覧下さい。


 
 3月12日に締結(写真左は北海道教育庁渡島教育局長 忠嶋 隆 様です)
 
 この詳し記事については、こちらからご覧下さい。


 
 詳しくは、こちらをクリックしてご覧下さい。


『亀葬会館 災害用品のご案内』
「弊社では、いつ・なんどき来るかわからない災害時のために、日頃より設備・備品を完備しております。
   限定発電機とワンタッチテント 自家発電機 地下給水ろ過装置
 すべての防災設備設備等はこちらから御覧下さい。


11車輌へバックアイカメラ装着
詳しい写真は、ここをクリックしてください。


★黒塗り送迎車輌入れ替え(ベンツ ブラバスからCLSへ)
第二車庫工事完了
★第一車倉庫(車輌・機材・備品)倉庫改築工事完了
全ての写真は、こちらををクリックして下さい



昨今、自然災害など多発している現状を踏まえ
当社では、社会貢献事業の一環として、災害時の
応援活動のお手伝いをさせていただきたいと考え、
この度、悪路でも走行できる災害時応援車輌を
導入致しました。



拡大する場合は、上の写真をクリックしてください。




拡大する場合は、上の写真をクリックしてください。




拡大する場合は、上の写真をクリックしてください。

霊柩車

今回は「Gキャビン 7人乗り」と
「エスティマ 4人乗り
」です
詳しい写真は、右の画像をクリックして下さい






   上の画像をクリックすると拡大できます。

(北海道新聞に掲載)
詳しい記事は、上の画像をクリックして下さい

(函館新聞に掲載)
詳しい記事は、上の画像をクリックして下さい


北海道新聞掲載


函館新聞掲載
詳しい記事は、上の画像をクリックして下さい

霊柩車

弊社独自の霊柩車開発「第十弾!!」
今回は同業者様の依頼にて、弊社霊柩車輌課で
改造を施したアルファードの霊柩車輌です。
どこにも無い、オリジナリティー溢れる霊柩車です。
さらに、今後も開発を重ね愛される霊柩車開発を
行ってまいります。
(写真は、販売用ではございません。)
詳しい写真は、右の画像をクリックして下さい


 当社、経営理念を掲載致しました。詳しくは、上の経営理念の文字をクリック!



詳しくは、上の画像をクリック!!
とれたて情報

「あんしん亀の会」葬儀準備金制度(自社発行型金券システム)
知的所有権(著作権)登録済み 第214254号

当社、「あんしん亀の会」が新しくなりました。今までより、さらにご利用しやすく。
詳しくは、こちらから。




6月10日号の女性セブンに当社が掲載されました。
詳しくは、左記画像をクリックするか、
こちらからご確認下さい。


〜亀田葬儀社の社歴を紹介〜

株式会社 亀田葬儀社の歩んできたこれまでの歴史を
紹介させていただいております。
御利用頂く皆様にはどのような会社なのかを、この
社歴を通して、御理解頂けたらさいわいです。

詳しくは、こちらから・・・・。

「こうしたい・ああしてあげたい」
心のこもった葬儀と費用の生前準備を
お考えのすべての方に・・・。

メックくんは「自分の葬儀は自分の意志で」
「子供達には金銭の迷惑をかけたくない」などといった皆様の
声にお答えして亀田葬儀社「あんしん亀の会」
金融機関の協力を得、総力を挙げて開発した今までにない
画期的な制度です。




今までの祭壇に、さらに新しい新式祭壇が増えました。
多種多様性をそろえた祭壇を
ご覧ください。




葬儀祭壇に新たなデザイン登場!
通常の四角い額から丸額へ・・・・。
知的所有権(著作権)登録済み 第199874号


〜特集で掲載されました〜

業界雑誌「仏事」と「フューネラルビジネス」で当社及び
函館関連の情報が掲載されました。

詳しくは、こちらからご覧ください。



昨年、11月放送の「ブロードキャスター」で
当社の情報が放送されました。

詳しくは、こちらからご覧ください。



〜セレモニーコンパクト型ワイヤレスシステム〜
『ワイヤレスくん』登場!!

どこでも持ち運べるハンディーなツールとして登場した
『ワイヤレスくん』。
葬儀会場や自宅会場にシステムが無い時やとっさの時等に
すぐに準備ができて使える商品です。
また、ペンシル型ワイヤレスマイクと合わせて使うと
とても便利。
葬儀以外でも、会議やプレゼンテーション等にも有効に
活用できます。

(株)亀田葬儀社 商品企画室システム課 開発商品

発売情報 今秋発売予定
詳しい商品情報はこちらから。




〜NEW発光ダイオード『NEWダイオ−ドくん』〜

セレモニーディスプレイ「ダイオードくん」に新しく、白色発光の
『NEWダイオードくん』が登場しました!
今までのダイオードくんは、オレンジ色の発光ディスプレイだった
のに対し、この『NEWダイオードくん』は白色発光で、よりわかり
やすく見やすくなりました。
今までにない、画期的な製品として登場。
(株)亀田葬儀社 商品企画室システム課 開発製品
知的所有権(著作権)登録済み 第185449号

発売情報 2002年8月中旬 発売予定
拡大写真はこちらから。


霊柩車

霊柩車もオリジナルの時代!!

この度、当社独自で霊柩車を開発!
概観・内観共にシックな洋風でまとめています。
どこにも無い、オリジナリティー溢れる霊柩車です。
また、広々とした車内は2遺体収容の大型。
さらに、今後も開発を重ね愛される霊柩車開発を
行ってまいります。
(写真は、販売用ではございません。)

詳しい画像は、こちらから。

imgimg
imgimg

波

「彼がこんなユニークなこと考えるとはねえ。
いや、うまい所突いてますよ。私は先代の
お父さんの方と知り合って、それこそ彼が生まれる
前から付き合ってる。もう三十年以上になるね」
九月十日午後、第二回北の葬送文化展
(現代北の葬儀研究会主催)の会場に足を運んだ
シャープエレクトロニクスマーケティング
北海道統括営業部(札幌市西区)の経亀武彦部長(56)は
思わず腕を組んだ。シャープ(大阪市阿倍野区
町旧勝彦社長)が今年一月に開発した液晶テレビ
「AQUOS」の13インチモニターが、葬儀用祭壇の
遺影の位置にすっぽり収まる形で組み込まれ、
画面に動画が映し出されている。
従来のブラウン管式よりも簿く、奥行き約6センチの
液晶式テレビについては、あらゆる用途での営業戦略が
進められていた。だが、「お葬式の遺影」という使われ方は
販売会社の発想を超えていた。「これ、うちの娘です。
映像ですか。撮影も編集も私です。何でも自分でやってしま
うんですよ」川道一司さん(36)は、こともなげに話す。
詳しくは、こちらから。

(2001年10月11日 札幌タイムス掲載)

写真
動画遺影の祭壇「液晶くん」は川道さん自身の発案
(9月10日 第2回北の葬送文化展会場)





9月24日のTV番組に当社開発の
「一畳くん」が紹介されました!

お昼の番組
みのもんたでお馴染みの『思いっきり生テレビ』と
「どさんこワイド212」で当社開発の「一畳くん」
「半畳くん」「偲ぶちゃん」が紹介されました。
道内はもとより、全国放送での紹介となりました。
詳しくはこちらから。
右下写真は、当社 亀田葬儀社 社長


函館市桔梗町340-15の亀田葬儀社
(川道一司社長)は省スペース収納型祭壇
「半畳くん」と
総大理石製コンパクト型
供養壇「偲(しの)ぶちゃん」を開発
販売している。「四十九日法要や彼岸などに
自宅で場所をどらずに供餐できます」と
PRしている。
詳しくはこちらから。

(2001年10月2日 北海道新聞 夕刊掲載)


logo

(株)亀田葬儀社 商品企画室開発商品 !

今までの写真での遺影に変わり
液晶TV(愛称 液晶くん)を「一畳くん」に組み込み
静止画や動画を流す新しい形を提案いたします。
知的所有権(著作権)登録済み  第178837号
価格はこちらから。
写真写真
写真写真

logo

(株)亀田葬儀社 商品企画室開発商品!!

省スペース柩収納型祭壇『一畳くん』による新しい
セレモニーのかたち、アート祭壇の御提案・・・・。
柩を組み込んでも1畳分の省スペースで、美しくシン
プルな欧風調デザインです。
詳しくは、メニューの「新商品」
または、こちらから

知的所有権(著作権)登録済み
第175978号 第175979号 第175980号 第179483号
実用新案申請中

写真


  
(c) 1967-2001 Kameda Funeral Co., Ltd. All Rights Reserved.